logo
Home

ソフトウェアha

HAクラスタ構成方式 ②HAクラスタのストレージ構成「共有ストレージ」と「レプリケーション」 1. 1つ目のWindows Serverでは、「サーバライセンス」と「クライアントアクセスライセンス(CAL)」という2つのライセンスを考慮する必要がある。サーバライセンスはサーバの使用権で、CALはユーザーがPCやタブレットなどのデバイスからサーバにアクセスする(サービスを利用する)ためのアクセス権だ。これらは、Windows Serverのバージョンごとに固有で、新しいWindows Serverにバージョンアップする場合、それぞれを購入する必要がある。 例えば、既存のWindows Server R2をWindows Server R2にバージョンアップする場合、 R2のサーバライセンスとCALをそれぞれ購入しなければならない。 よくある誤解は、サーバライセンスだけを購入し、CALは以前のWindows Serverのバージョンのものをそのまま使ってしまうというケースだ。サーバをバージョンアップしても、クライアントからはそのままアクセスできてしまうため、気が付くことができない。「知らず知らずのうちに古いCALのままで新しいサーバにアクセスしてライセン. 「共有ストレージ」構成 2. See full list on bcblog. クラウド内外でSafeKit は以下を実現します。 1. ソフトウェア とは、コンピュータを動作させる命令の集まりであるコンピュータプログラムを組み合わせ、何らかの機能や目的を果たすようまとめたもの。. [参考]SQL Server ライセンスと価格.

従来、クラスタを実現するためのソフトウェアは、非常に高価なものでした。また、メーカーが指定したハードウェアを使わなければならないなど、利用する側の制約が非常に多いソフトウェアがほとんどでした。 こうした問題は、オープンソースソフトウェアのクラスタソフトウェアが登場してきたことで大きく変わってきました。オープンソースソフトウェアですので、ソフトウェアは無料で入手することができます。また、一般的なLinuxがインストールできるハードウェアであれば、メーカーの制約などもありせん。そのため、用途に合わせてハードウェアを選ぶことができ、安価にクラスタが実現できるようになりました。 一方、こうしたオープンソースソフトウェアのクラスタソフトウェアには、商用サポートも提供されているものもあり、必要に応じてサポート契約をすることもできます。 オープンソースソフトウェアのクラスタソフトウェアの登場で、クラスタシステムの導入価格が大きく下がりました。また、サポートなどの選択肢も増えました。これまで敷居の高かったクラスタ技術ですが、状況が大きく変化し、幅広く使える条件が整ってきたのです。. 3つ目のHyper-V環境でよく起こるライセンス違反は、1ライセンスで決められている数以上の仮想マシンインスタンスを実行してしまうこと。 Windows Server R2のStandardエディションでは、1サーバライセンスで2つの仮想インスタンスを実行できる。それを超えてインスタンスを実行してしまうとライセンス違反になる。3つ以上の仮想マシンを実行する場合は、追加のライセンスを購入するか、無制限に仮想マシンを実行できるDatacenterエディションを購入する必要がある。. ファームとミラーのアーキテクチャにおける同じ操作モード 4. haクラスターを組み合わせることにより、仮想環境上でも高可用性を実現することが可能になります。 どのようなポイントを理解し、意識していかなければならないのか「網羅性」「迅速性」「適切性」の3つの観点から解説をしています。.

haクラスタソフトウェアの評価・選定は、システムの信頼性設計の中で非常に重要なプロセスです。 ソフトウェアha 次のような観点からシステムの要件に適したクラスタソフトウェアを選定することが重要です。. ①HAクラスタ概要 1. (1)Windows Serverのライセンス違反. See full list on designet. 故障を検知してから切り替える機能(フェールオーバー機能) 3. ソフトウェアは直接触れることができないもの です。 単純に「ソフト」と言ったりします。「アプリ」とか呼ばれるものもソフトウェアですね。 ソフトウェアには何がある? ソフトウェアに当たるのは2つあります。.

「フェイルオーバー」と「フェイルバック」 3. ha構成におけるライセンスカウントについて 原則として、Oracle製品がインストールされている全物理サーバー(インストール作業を伴わなくても、Oracle製品が稼働する物理サーバーはこれに含みます)にライセンスが必要です。. HAクラスタ構成ソフトウェア 4. ソフトウェアが目で見えないものを指すのに対し、コンピューター本体、 ディスプレー 、 プリンター 、 キーボード など、目に見えるものを ハードウェア という。.

新年度を迎え、組織変更や人事異動への対応で忙しいシステム担当者も多いことだろう。新しいユーザーへのアカウント配布や、退職や異動に伴うアカウントの権限変更はなかなか手間の掛かる作業だ。そうした作業において、最近特に注意が必要になってきたのが「ソフトウェアのライセンス違反」だ。 サーバ仮想化やクラウドの利用、モバイルデバイスからのリモートアクセスなどが一般的になり、ライセンス管理も複雑になってきている。「会社で正規のライセンスを購入しているから大丈夫」というだけでは済まず、知らないうちにライセンス違反を犯してしまうケースが増えてきているのだ。 典型的なケースは、サーバ製品のソフトウェアライセンスを「サーバ台数単位」か「CPU/コア単位」か十分理解せずに利用しているというものだろう。サーバ台数単位のライセンスと誤解して3台分の料金で利用していたところ、実際にはコア単位のライセンスで6コア分の料金が必要だったといったケースだ。 特にサーバ製品は、ハードウェア調達の際にベンダーまかせにしてしまって確認が不十分になりがちだ。また、サーバ製品であるため、普段使っているPCのライセンスと違って、エンドユーザーが違反に気が付きにくいという事情もある。 これとは逆に、必要以上のライセンスを購入し、余計なコストが掛かっているケースもあるという。特に、従業員が数千人規模の企業では、ライセンスが不足して違反を犯すことを防ぐために、ライセンスを余分に購入する傾向があるという。ライセンス違反にはならないものの、ときには数百という未使用ライセンスが余っていることもある。もちろん、これらを最適化できれば大きなコスト削減につながることは間違いない。 こうしたライセンスの管理は、「ソフトウェア資産管理(Software Asset Management:SAM)」の取り組みの中で適切に行われるのが理想的だ。ただし、組織としてSAMを徹底していくのは簡単なことではない。日本マイクロソフトのSAMエンゲージメントマネージャー、池本明央氏(ライセンシングソリューション本部 ソフトウェア資産管理ソリューショングループ)は、SAMやライセンス管理の難しさを次のように説明してくれた。 「SAMは資産管理ツールを導入して、必要なライセンス数を数えれば終わり、というわけではありません。毎年のように変わる人や組織の. コンピュータを構成する電子回路や装置などの物理的実体を「ハードウェア」(hardware)と呼ぶのに対し、それ自体は形を持たないプログラムや付随する. 故障を修理してから元に戻す機能(フェールバック機能) こうした機能を実現するのが、クラスタソフトと呼ばれるソフトウェアなのです。. 「HAクラスタ」基本説明 2. 高可用性とは、簡単に言えば、止まらずに動く性能ということです。コンピュータを使ってシステムを作ると、障害などのためにサービスが停止してしまう可能性があります。この停止時間が少ないシステムのことを、高可用性があるシステムと呼びます。 システムの停止には、次のようないくつかの原因があります。 高可用性を実現するためには、これらの要因をできるだけ減らし、何かがあっても、停止しないような仕組みを作る必要があります。. HAクラスタを 構成 するための ソフトウェア は、 HA クラスタソフトウェア、あるいは HA クラスタリングソフトウェアなどと 呼ばれて ソフトウェアha いる。. すべての VM のフェイルオーバーを管理するための一元管理 Web コンソール このソリューションは、無料のエディションの Hyper-V R2 で機能します。2 台のサーバーが離れた場所にある 2 つのコンピューター ルームに配置されている場合は、このアーキテクチャに共有ディスクや複製された SAN は必要ありません。 ソフトウェアha SafeKit は VMware ハイパーバイザーにインストールできないため、このアーキテクチャは VMware ESXi では機能しません。.

ソフトウェア(英: software )は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す 。. HAクラスタを構成するためのソフトウェアは、「HAクラスタソフトウェア」や「HAクラスタリングソフトウェア」などと呼ばれます。 HAクラスタソフトは、関連サーバ群を常に監視し、アクティブサーバに障害が発生した場合、スタンバイサーバへ切り替える処理を実行します。. ソフトウェア との対比語であり、単に「ハード」とも呼ばれる。. N 個の VM 用の N 個のミラー モジュール (2 台の物理サーバーで VM 数は 25 に限られる) 4. 高可用性【HA / ハイアベイラビリティ / High Availability】とは、可用性(availability)が高い状態のことで、システムが提供している機能やサービスが停止・中断する頻度や時間を極力少なく抑えること。また、そのような対策を施したシステム(高可用性システム)やシステム構成(高可用性構成)を略し. コンピュータが故障したことを検知する機能 ソフトウェアha 2. 4つ目のクラウド環境については、オンプレミス環境で利用しているWindows Serverなどのライセンスを、そのままクラウド環境に持って行って利用してしまうケースだ。既存のライセンスをクラウド環境にそのまま持っていくことはできない。ライセンスをクラウドに持っていく場合は、「ソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティ」が必要となる。 ライセンスモビリティとは、顧客のボリュームライセンス契約の元で購入された特定のサーバアプリケーションを、Microsoft Azureやマイクロソフトが認定するモビリティプロバイダーのデータセンター内に導入できるようにするプログラム。既存のライセンスをWebサイト上で検証するといった手続きを経ることで、クラウド上で初めて使うことができるようになる。 1. さて、コンピュータの蹴っ飛ばせない部分(ソフトウェア)ですが、さらに2つに分類できます。 それは 1.os 2.os以外 の2つです。 osは「これが無いとパソコンじゃねーよ」なパソコンさんの基本ソフトウェアです。.

SafeKit は、以下を備えたプライベート クラウドを構築するためのシンプルで経済的なソリューションを提供します。 1. (2)SQL Serverのライセンス違反. システムの稼働率は、次のMTBF(Mean Tiem Between Failure)、MTTR(Mean Time To Repair)という2つの数値を使って考えるのが一般的です。 この2つの数値を使って、稼働率は次のように表されます。. ソフトウェアとは、コンピュータプログラムなどのソフトウェアを処理する資産勘定をいう。 経済簿記勘定科目一覧表(用語集) 勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。. HAクラスタにおけるストレージ構成には、「共有ストレージ」と「レプリケーション」の2種類に大別されます。クラスタソリューションの選択時において、どちらを選択するかについては考慮すべき重要な点となります。 それぞれのメリットとデメリットなどについて紹介します。. DRBD+PacemakerでのPostgreSQL高可用性構成構築方法 2. haモニタは、haクラスタシステムを実現するクラスタソフトウェアです。 ハードウェアやソフトウェアを含めたシステム全体(系)を、実行系と待機系の二つ用意しておき、実行系で障害が発生した場合、待機系に業務を引き継ぎます。.

2つ目のSQL ソフトウェアha Serverのライセンスの注意点は、Standardエディションの場合、ライセンスが「サーバライセンス」と「コアライセンス」の2種類あり、サーバライセンスについては、CALが必要になるということだ。 例えば、サーバライセンスでSQL Serverを購入し、5台のクライアントPCがアクセスする場合は、サーバライセンスとは別にCALを5ユーザー分購入する必要がある。コアライセンスはCALが不要だが、Standardエディションのコアライセンスとサーバライセンスの価格差は約4倍あるため、小規模な環境向けにサーバライセンスを選択することが多い。その際に、アクセスするクライアントが増えてもCALを買い増さないまま利用してしまい、ライセンス違反となるわけだ。 1. See full list on atmarkit. [参考]マイクロソフト SAM認定パートナー.

「HA(High Availability)クラスタ」とは、複数台のサーバを相互接続し連携構成(クラスタ)化することで、システムを冗長化させ、コンピュータシステム全体の可用性(アベイラビリティ)を高めることを目的としています。また、システム障害によるシステム停止時間を最短にする迅速復旧機能も含みます。 HAクラスタは、「ミッションクリティカルなデータベースシステム」「基幹業務システム」「商用Webサイト」など、高い信頼性が求められ、システム停止を避けなければならない環境で多く利用されます。. ソフトウェア レンダリング ソフトウェア レンダリングは、最高画質のイメージを生成し、最も洗練された結果をもたらします。 マシンのグラフィックス カードに依存するハードウェア レンダリングとは対照的に、ソフトウェア レンダリングでは、CPU 上で計算が行われます。また、一般的に. necのclusterpro x ソフトウェアha ソフトウェア構築ガイドをダウンロードできます。. 同じ一元管理コンソール これは、アプリケーションを異種環境に展開するソフトウェア パブリッシャーに不可欠な機能です。アプリケーションの高可用性は、物理サーバー、VMware 環境 (VMware HA オプションの有無を問わない)、Hyper-V 環境 (Microsoft クラスター オプションの有無を問わない)、その他のハイパーバイザーで機能する必要があります。 たとえば、SafeKit の負荷分散、リアルタイム レプリケーション、およびフェイルオーバーと共に Evidian Web Access Managerアプリケーションをクラウド内外に展開するために、汎用ソリューションを利用することができます。 Microsoft NLB とは異なり、SafeKit ネットワーク負荷分散は VMware で特別な構成を行わなくても機能します。. 池本氏によると、SAMの最初のステップはライセンスに関する正しい知識の下、社内で使用されているソフトウェアの実態を正しく把握することだという。幸い日本企業では、意図的な違法コピーを使うケースが国際的に見て少ない状況にある。 例えば、BSA|The Software Allianceが年に実施した調査では、正規ライセンスのないソフトウェアをPCにインストールする「不正コピー率」は、世界平均が43%のところ、日本は19%にとどまっている。中国が74%、インドが60%、韓国が38%とアジア地域では最も低く、米国の18%と同程度の水準だったという。(出典:「BSA pdf)。 「エンタープライズの顧客に関しては、意図的な違法コピーは皆無といっていいと思います。ただ、ライセンスを正しく理解しているかとなると、こちらはまだまだ課題があるようです。ライセンスをよく理解しておらず、知らないうちにソフトウェアをコピーして使ってしまっていたり、既に権利を持っているのにあらためて購入してしまったりということが起こっています」(池本氏) ご存じのように、ソフトウェアライセンスとは「購入したモノに対する所有権を証明するもの」ではなく、「利用許諾条件(ライセンス)に合意したうえで与えられる利用許可」のことだ。 ソフトウェアを購入したからといって、どんな条件でも利用できるものではない。利用許諾に記載されていない行為は、基本的に全てライセンス違反となるのだ。例えば、個人向けソフトウェアで「1ユーザーにつき2台のPCで利用できる」という条件の利用許諾ならば、2ユーザーが使うことも1ユーザーが3台のPCで使うこともライセンス違反となる。 個人向けのソフトウェアはまだ分かりやすい方だが、業務で利用するサーバ製品ではさまざまな条件が追加され、許諾条件の把握が難しくなってくる。池本氏は、典型的なケースがいくつかあるので、そこを重点的にチェックすればよいとアドバイスする。池本氏が示す、マイクロソフトの企業向け製品における「4大ライセンス違反」は以下のようなものだ。 以下、それぞれのライセンス違反の内容を確認していこう。. 同じアプリケーション クラスタリング ソリューション 2.

「4大ライセンス違反」が起こる環境をあらためて整理してみると、「Windows ServerのCAL」「SQL ServerのStandardエディション」「Windows ServerのStandardエディション」「クラウド環境」と、いずれも一般的なサーバ環境であり、利用者も多いことが分かる。池本氏は、ライセンス違反は、悪意を持って行うものではなく、こうした普段のIT利用環境の中で“ついうっかり起こるもの”だと強調する。 「意図せずに起こるものだからこそ、普段からのSAMへの取り組みが重要になってきます。そこでご提案したいのが、SAMに向けた組織的な体制づくりです。マイクロソフトでは『SAM最適化モデル』と呼ばれる評価フレームワークを開発し、SAM認定パートナーとともに企業のSAM構築のお手伝いを行っています」(池本氏) SAM最適化モデルを利用し、ソフトウェア資産の棚卸しから、整理とマッチング、方針と手続きの作成、継続的な改善活動までを行うことを目指す(図1、図2)。SAM認定パートナーとして国内30社弱が参加し、企業の取り組みを支援する仕組みだ。 マイクロソフトでは、SAMやライセンス違反に対する啓発活動も定期的に行っている。企業に対して不特定に啓発パンフレットを郵送したり、通常の営業活動を通じ、アドバイスを行ったりしているという(写真1)。 ライセンス違反によって企業が支払う代償は大きい。最近は、グローバルでの不正競争を防ぐためにライセンス違反を犯した調達や開発を排除しようという動きも進んでいる。ライセンス違反、著作権侵害に対する罰則や損害賠償の額も高額化している。取引先のソフトウェアの不正利用がグループ全体に影響を与えることも多い。その一方で、適切なライセンス管理は、社内のソフトウェア資産管理のためのコスト適正化、ITの最適化につながり、競争力強化に向けた基盤にもなるものだろう。 「ライセンス違反の多くは、ソフトウェアを個別に購入するのではなく、包括契約で購入することで解決することができます。また、包括契約により、コストを抑えた導入と運用も可能になります。中長期的な視点を持ってソフトウェアを適切に管理できる体制を整備していってほしいと思います」(池本氏) 1. See full list on evidian. 本サイトで紹介しているクラスタシステムは、HAクラスタ(HA: High Availability)と呼ばれています。 HAクラスタは、高可用性を実現するシステムで、コンピュータの故障、アプリケーションプログラムやOSの不具合に対して効果があります。しかし、決して万能な訳ではありません。災害、人為的なミス、電源障害、外部要因による故障などは防げません。また、アプリケーションプログラムの障害やOSの障害についても、私たちが想定できる問題への対処はできますが、まったく想定していないような問題に対処できる訳ではありません。 クラスタは万能なツールではありませんが、上記の計算のように、システムの可用性を高めることができます。クラスタを実現するためには、次の3つの機能が欠かせません。 1. 上述のHAクラスターソフトウェアや、ハードウェア側の実装により実現される。 *3:Generic ARK ソフトウェアha LifeKeeperでは、Application Recovery Kit(ARK)が対応していないアプリケーションを保護する仕組みとして、Generic ARKという機能をご用意しています。. ハードウェアとソフトウェアという言葉に触れる機会があると思います。 また、コンピューターを使っていなくても、 ソフトウェアという言葉は耳にすると思います。 (ソフトと略される場合が多い。 例 ゲームソフト・家計簿ソフト等). ソフトウェアha ha事業 エアコンや冷蔵庫など一般の方にも馴染みのある分野で、センシング技術の応用およびインバータ制御技術等により、快適で、使いやすく、しかも省電力化を考えた“より人と環境にやさしい”電気製品の開発を行っています。. 「レプリケーション」構成 ③DRBDによるPostgreSQL用HAクラスタ構築 1.

1 つの VM 全体のレプリケーションとフェイルオーバーを行うための、1 つのミラー モジュール 3. ソフトウェア開発の仕事には、成果物を生み出すまでに多くの流れや工程があります。 こうした業務フローに目を向けると、ソフトウェアを生み出す上で欠かせないシステムエンジニアやプログラマーといった職種の具体的な作業内容が、イメージしやすくなります。. VM が 2 台のサーバーに分散されているアクティブ/アクティブ クラスター 5. クラスタソフトウェア ソフトウェアha 第9回:オープンソースソフトウェアの「Heartbeat」によるHAクラスタ 著者:バックボーン・ソフトウエア 青木浩朗 /1/13. HA Proxy (エイチエー プロキシ)とは、オープンソースソフトウェアの高可用性、負荷分散を実現するためのソフトウェアです。 HA Proxyは高パフォーマンスと安定性のあるTCP通信(L4)やHTTP通信(L7)の負荷分散や、Proxyサーバ機能を提供します。. 代表的 な HA クラスタソフトウェアの例として、 サイオステクノロジー の「LifeKeeper」や、 Linux-HA ( ハイアベイラビリティ Linux ) ソフトウェアha プロジェクト から OSS として提供されている「 Heartbeat 」、 NEC の「 CLUSTERPRO 」などを 挙げる. 2 台の Windows Hyper-V R2 物理サーバー 2.

Corosyncは、HAクラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するクラスタ基盤ソフトウェアです。 「Heartbeat」の後継として、クラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。 主な特徴. さらに、HA Booster Pack for AIXを組み合わせることにより、10数秒での系切り替えによる処理続行を実現します。 システムとアプリケーションのフェイルオーバが可能なクラスタ構成を支援する高可用性ソフトウェアHACMP を提供。.

/252/3a759a2d /351859fcb8 /233 /546817